再起動

AppleはiOS15アップデートを導入しました フォーカス機能 被写体に焦点を合わせて気を散らすのを防ぐためにiPhoneを設定できます。フォーカスモードがアクティブな場合、iPhoneの上部にあるステータスバーに、設定可能な時間とともに、カスタマイズ可能な絵文字がいくつか表示されます。フォーカスモードは少し複雑ですが、ステータスバーに絵文字を表示したい場合は、簡単に実行できます。記事を続けてください。

絵文字または絵文字でiPhoneのステータスバーをカスタマイズする方法


スマイリーフェイス、炎、足跡、ハート、家など、25以上の絵文字を使用できます。 ただし、フォーカス機能を使用するには、iPhoneがiOS15アップデートに対応している必要があります。

iPhoneのステータスバーでカスタム絵文字または絵文字を取得するための手順は次のとおりです。

◉設定に移動します。

◉下にスクロールして、[フォーカス]をタップします。

◉画面上隅にある[+]ボタンをタップします。

◉[カスタム]をクリックします。

◉Focusアプリの名前を選択します。

◉使用する絵文字を選択し、[次へ]をクリックします。

◉通知を送信できるユーザーを選択し、すべての連絡先を選択して、[許可]をタップします。

◉通知を表示できるすべてのアプリを選択し、[許可]をタップします。

◉[完了]をクリックします。

◉次に、フォーカスモードを有効にします。

選択した絵文字またはアイコンが、iPhoneのステータスバーの時計の横に表示されます。 また、絵文字を変更したい場合は、フォーカスモードオプションに移動して別のオプションを選択してください。

位置情報サービスがオンになっていて、アプリが現在地を使用している場合、ステータスバーに絵文字の場所がないため、絵文字が一時的に消えます。また、天気など、常に現在地を使用している場合は、ウィジェットの場合、起動時に絵文字は表示されません。その場合は、[設定]-[プライバシー]に移動してから、位置情報サービスをオフにする必要があります。

フォーカス機能を使用していますか? どのように役立ちましたか? コメントで教えてください。

動名詞:

マックルーマーズ

関連記事