再起動

デバイスは設計されています iPhone お使いのデバイスはある程度の湿気に耐えることができますが、指が濡れたり画面が濡れたりすると、iPhoneでの書き込みが困難になりますが、Appleの新しい特許により、将来的には変更されるようです。 iPhoneユーザーは、雨天時や水中で問題なく画面を使用して書き込むことができます。


新しい特許

Appleは、米国特許商標庁から「湿気のあるときに電子機器の機能を変更する」という新しい特許を取得しました。これにより、湿気にさらされたときにiPhoneを簡単に使用できるようになります。

その特許を通じて、Appleは、雨でも大雨でも、あるいはデバイスが水中で使用されている場合でも、iPhone画面を湿度に適応できるようにすることを計画しています。

特許で使用されている技術は、画面との水接触に起因する誤ったタッチを検出して無視するように機能し、画面が濡れていると、コントロールが変更され、ボタンのサイズが拡大したり、互いに離れたりする可能性があります圧力精度を向上させます。

さらに、iPhoneの画面は自動的にXNUMXD Touchテクノロジー(Force Touch)などの感圧画面に切り替わります。これは、圧力のわずかな違いに応じてさまざまな機能を提供していましたが、Appleでは使用されなくなりました。

雨滴や液体が誤ってタッチ入力をトリガーするのを防ぐために、ユーザーはもう少し強く押す必要があり、圧力の力は湿気の量(小雨または大雨)に応じて変化します。


新しいモード

さらに、特許ファイルのXNUMXつにある画像は、iPhoneのカメラアプリが「ドライ」、「ウェット」、「水中」などのモードの複数の選択肢を提供していることを示しています。 状況に応じて、カメラアプリケーションのインターフェースが変更されます。

たとえば、ウェットモードでは、一部の機能がカメラアプリのインターフェースから削除され、水中撮影モードでは、一部のコントロールが機能が制限された大きなボタンに置​​き換えられます。これは、水中での使用が簡単になるためです。

水中写真の場合、ユーザーが耐水性の制限内(iPhone 6および30の場合は最大12メートルから最大13分)にデバイスを維持できるように、iPhone画面にデバイスの現在の深度が表示されます。ユーザーを混乱させないでください。 。

結局、ほぼ毎年、Appleは多くの特許を取得しており、それらのほとんどは驚くべきものですが、ここでの問題は、それらの特許の多くが棚に置かれ、公開されずに永久に消えてしまうことです。将来、雨の中でも機能しない画面を備えたiPhoneそれはApple次第です。

Appleの特許についてどう思いますか、そしてそれは有用だと思いますか、コメントで教えてください

動名詞:

phonearena

関連記事