iPhone の音量ボタンは主に音量の調整に使用されますが、それ以外にも、特定のアプリケーション内でさまざまなアクションを実行したり、アプリケーションのショートカットを使用してカスタマイズしたりすることもできます。 また、サードパーティ製アプリでは音量ボタンを音量調整以外のタスクに使用できますが、この機能は iOS によって制限されています。 将来の iPhone モデルでは、触覚フィードバックを備えたボタンなど、新しいタイプの音量ボタンが導入される可能性があり、これにより、音量制御に関連しない新しい機能が開かれる可能性があります。 現在、音量ボタンは、メディアの音量の上げ下げ、呼び出し音や警告以外にも、iPhone 上のさまざまなタスクを処理できます。 これらの一方または両方でできることはすべてここにあります。


さまざまなカメラアプリで写真を撮る

カメラ アプリで写真、ポートレート、またはパノラマ モードを使用している場合、音量を上げるまたは下げるボタンをキャプチャ ボタンとして使用できます。 フロントカメラとリアカメラの写真モードとポートレートモードでも機能しますが、パノラマ写真の場合はリアカメラでのみ機能します。

XNUMX 回押すと、写真モードとポートレート モードで写真を撮影します。

XNUMX 回押すとパノラマ写真の撮影が開始され、もう一度押すと停止します。

長押しするとパノラマが開始され、放すと停止します。

多くのサードパーティ製カメラ アプリでは、音量を上げるボタンまたは下げるボタンをキャプチャ ボタンとして使用することもできます。


さまざまなカメラ アプリケーションでビデオを録画する

写真と同様に、カメラ アプリの音量を上げるまたは下げるボタンを使用して、前面または背面のカメラを使用してビデオを開始できます。 ビデオ、スローモーション、タイムラプス、シネマなどの撮影モードを選択し、音量を上げるボタンまたは下げるボタンを使用します。

XNUMX 回押すと録音が開始され、もう一度押すと停止します。

長押しすると録音が開始され、放すと停止します。

多くのサードパーティ製ビデオ録画アプリでも動作します。


カメラアプリでQuickTakeを録画する

iOS 14 を実行している iPhone XS および iPhone XR 以降では、モードを切り替えることなく、写真の撮影中に XNUMX つの音量ボタンのいずれかを押して QuickTake ビデオをキャプチャできます。


カメラアプリでバースト写真を撮る

iPhone X 以前の場合は、この機能がサポートされていないため、音量ボタンを押し続けても QuickTake 録音は開始されません。 または、写真撮影モードで音量ボタンを押したままにして、一連の写真を撮影することもできます。

iPhone XS 以降では、音量ボタンのいずれかを長押しすると QuickTake が起動します。[設定] -> [カメラ] でボタンをカスタマイズし、「バーストに音量を上げる」スイッチをオンにします。 したがって、音量を上げるボタンを長押しすると連続キャプチャを実行でき、音量を下げるボタンを長押しすると QuickTake ビデオをキャプチャできます。


ファイル、メールなどのドキュメントをスキャン

iOS 16.2 以降で利用できる Freeform やファイル、メール、メモ、リマインダー アプリなどのアプリでは、ドキュメントをスキャンできます。 音量ボタンを使用してドキュメントの写真を撮ることができます。 ほとんどのドキュメント スキャナは自動的にスキャンして画像をキャプチャしますが、そうでない場合は、画面上のキャプチャ ボタンを押す代わりに、音量を上げるまたは下げるボタンを使用してスキャンできます。


スヌーズ目覚まし時計

デフォルトでは、いずれかの音量ボタンを押すとアラームをスヌーズできます。


アラームを止めてください

アラームのスヌーズが気に入らない場合は、時計アプリで各アラームの「スヌーズ」スイッチをオフにすることができます。 スヌーズ オプションを使用しない場合、アラームが鳴った後にいずれかの音量ボタンを押すとアラームがオフになります。


着信をサイレントにする

音量ボタンは、電話、FaceTime、その他の通話アプリからの着信にも役立ちます。 電話がかかってきたときにどちらかの音量ボタンを押すと、通話を止めることができます。 iPhone が振動モードのみの場合は、振動が停止します。 その後、必要に応じて応答するか、電源ボタンまたはホームボタンを押して通話を拒否できます。


「探す」サウンドをオフにする

iPhone を紛失し、別のデバイスで「探す」を使用して音を鳴らして iPhone を探す必要がある場合は、iPhone を見つけたときに iPhone のいずれかの音量ボタンを押すと、大きな音が消えます。


لعبالألعاب

一部のサードパーティ アプリケーション開発者は、iPhone の音量ボタンをゲームプレイに統合しています。 たとえば、Blackbox - Brain Puzzles ではデバイスのセンサーを使用してパズルを完成させますが、一部のソリューションでは音量ボタンを押す必要があります。

音量ボタンの機能を変更すると App Store のレビュー ガイドラインに違反するため、このような種類のアプリはまれです。 Blackbox はこの制限を回避します。 音量ボタンは依然として音量を制御するためです。 アプリは音量の変更を読み取るため、コントロール センターの音量スライダーを使用してゲーム内のタスクを実行することもできます。


物を数える

ナンバーカウンターアプリのサードパーティ開発者は通常、数を数えるときに数字を加算または減算するための音量ボタンのサポートを追加します。 また、人、ラップ、ピッチ、動物、ゴルフのストローク、ロザリオアプリケーションのタスビなど、あらゆるものを数えるために使用できます。

アプリは動作します ピッチ X – ピッチカウンター 音量ボタンで大丈夫です。 音量スライダーは Blackbox のように画面に表示されないため、Pitch X が App Store のガイドラインを回避するために同じ回避策を使用しているかどうかは不明です。 ボタンを押してのタリーカウンターも正常に動作します。

ピッチ X - ピッチカウンター
開発者
تنزيل

ショートカットでカスタムアクションを実行する

iPhone には iPhone のボタンを直接使用する自動制御機能はありませんが、音量ボタンを別のショートカットに統合して、別のもので操作することができます。 これらは、特定のタスクを実行するために作成する一連のアクションであるカスタム ショートカットの入力として使用できます。

ショートカットの例: 「音量ボタンを使用してアクションを実行する」というカスタム ショートカット。 その内容は次のとおりです。

◉ iPhone の現在の音量レベルを取得し、数値として記憶します。

◉ 音量ボタンを押したときに何が起こるかを説明する通知を表示します。

◉ 音量を上げるボタンを押すと、アクション A が実行されます。

◉ 音量ダウンボタンを押すと、アクション「b」が実行されます。

◉ 通知後 XNUMX 秒以内に音量ボタンを押さないと、ショートカットは何もせずに停止します。

ショートカットが実行するアクションを決定する方法: 通知を表示し、音量ボタンを押す時間を与えた後、ショートカットは現在の音量レベルを再度確認し、前に指定した数値と比較します。

◉ 現在の音量が以前に記憶した数値より大きい場合、アクション A が実行されます。

◉ 現在のサイズが記憶されている数値より小さい場合、アクション B が実行されます。

◉ どのボタンも押さないと、ショートカットは何も実行せずに停止します。

基本的に、この例は、音量ボタンと対話するカスタム ショートカットを作成する方法を示しています。 音量を上げるボタンまたは下げるボタンを押すかどうかに応じてさまざまなアクションを実行でき、何も押さない場合は停止します。 音量ボタンを直接使用してオートメーション タスクを起動することはできませんが、特定のタスクに割り当てられたショートカット内の入力として使用できます。


音量ボタンを完全に無効にする

誤って音量を上げたり下げたりしたくない場合など、特定のアプリケーションを使用するときに音量ボタンが iPhone の何にも影響を与えたくない場合は、現在のアプリケーションでのボタンの使用を制限するアクセスガイド機能を利用できます。 [設定] -> [アクセシビリティ] -> [アクセスガイド] で有効にできます。

その後、目的のアプリケーションに移動し、サイドボタンまたはホームボタンをトリプルクリックします。 トリプルタップ ジェスチャに複数のアクションが割り当てられている場合は、アクションのリストから [ガイド付きアクセス] を選択します。

[ガイド付きアクセス] 画面で [オプション] を選択し、音量ボタン スイッチがオフになっていることを確認して、[完了] を押します。 次に、「スタート」を押して、パスコードを設定して確認します。

パスコードを確認すると機能が開始され、アプリで音量ボタンが機能しなくなります。


音量ボタンやその他のボタンでできること

上記で説明したのは音量ボタンのみです。 さらに、他のボタンと組み合わせると、他のタスクにも使用されます。 以下に、彼らができることの簡単なリストを示します。

スクリーンショットを撮る

Face ID をサポートする iPhone モデルでは、電源ボタンと音量を上げるを同時に押し、すぐに放してスクリーンショットを撮ります。 画面のサムネイル プレビューが表示されます。 それをクリックしてエディタを開きます。 スクリーンショットは、写真アプリの [最近] アルバムと [スクリーンショット] フォルダーに保存されます。


iPhoneの電源を切ります

iPhone の電源をオフにするには、音量を上げてから音量を下げ、電源オフ スライダーが表示されるまで電源ボタンを押します。 電源ボタンと音量ボタンを同時に押したまま、スライダーをドラッグすることもできます。


緊急サービスに電話する

緊急通報スライダーが表示されるまで、電源ボタンと音量ボタンを同時に押し続けるか、XNUMX つのボタンすべてを同時に押し続けます。

あるいは、緊急 SOS 設定で「保留して放す通話」(iOS 16.3 以降の場合)または「保留して通話」(iOS XNUMX 以降のバージョンの場合)を有効にすることもできます。 次に、電源ボタンと音量ボタンを同時に押し続けるか、XNUMX つのボタンをすべて同時に押してカウントダウンを開始し、緊急電話番号またはその他の地域の緊急サービスに自動的に電話をかける必要があります。 カウントダウンがゼロに達したら、ボタンを放すだけで電話をかけられます。


メディカル ID 情報を表示する

Medical ID スライダーが画面に表示されるまで、サイド ボタンと音量ボタンを同時に押し続けるか、XNUMX つのボタンすべてを同時に押し続けます。 星 (*) アイコンを右にスワイプして、メディカル ID 情報にアクセスします。 表示される情報には、名前、年齢、アレルギー、反応、血液型、体重、緊急連絡先が含まれる場合があります。

代わりに、上記で説明した長押し方法を使用して緊急サービスに電話すると、カウントダウンが開始され、メディカル ID スライダーが表示されます。

表示される情報を変更するには、[設定] -> [ヘルスケア] -> [Medical ID] に移動するか、ヘルスケア アプリを直接開き、[概要] タブまたは [参照] タブでプロフィール写真をタップし、[メディカル ID] を選択します。


Face ID または指紋をすぐに無効にする

iPhone の電源を切る、緊急サービスに電話する、メディカル ID を表示するための前述のボタンの組み合わせでは、顔認証または指紋も無効になり、この画面が表示されると、生体認証は無効になります。 指紋と顔の指紋をすぐに無効にする XNUMX つの方法については、以前の記事をご覧ください。 リンク.

顔認証または指紋が無効になっている場合、iPhone のロックを解除するにはデバイスのパスコードを入力する必要があります。 これは、泥棒など他の人がデバイスにアクセスするのを防ぐのに XNUMX ~ XNUMX 秒しか時間がない場合に便利です。


iPhoneを強制的に再起動する

Apple ロゴが表示されるまで、音量を上げる、音量を下げるを押してから、電源ボタンを押します。 iPhone にロック画面が表示されたときは、強制的に再起動されただけです。

iPhone の強制再起動は、デバイスがフリーズしている場合、重すぎる場合、または正常に電源をオフまたはオンにできない場合に便利です。


Finder または iTunes で iPhone をリカバリモードにします

iPhone をコンピュータに接続した状態で、音量を上げてから音量を下げ、電源ボタンを押したままにして、Finder または iTunes でリカバリモードに入ります。 最後にAppleロゴが表示されますが、リカバリモード画面が表示されたら電源ボタンを放さないでください。


Finder または iTunes で iPhone を DFU モードにします

DFU モードは、通常のリカバリに問題があり、システムが損傷して iPhone が起動に応答しない場合に、利用可能な最後のステップとして使用されます。このモードが使用されます。私たちはこれを「iPhone の酔っぱらいまたはめまいモード」と呼んでいましたが、ここでは iPhone ですべてを問題なく行うことができます。 DFU モードに入るには:

iPhone をコンピュータに接続した状態で、音量を上げるボタンを押し、次に音量を下げるボタンを押し、次に電源ボタンを押し続けます。画面が黒くなったら、電源ボタンを放さずに音量を下げるボタンを押し続け、約 XNUMX 秒後に電源ボタンを放し、コンピュータの Finder または iTunes に「復元モード」画面が表示されたら、音量を下げるボタンを放します。


診断モードに入る

電源ボタンといずれかの音量ボタンを押し続けて iPhone の電源を切り、30 秒待ってから音量ボタンを同時に押し続けます。 ボタンを押しながら、ケーブルを使用して iPhone を電源に接続し、Apple ロゴが表示されたらボタンを放します。

セルフサービス修復を使用して iPhone を修復した場合は、システム設定の一部として iPhone を診断モードにするよう求められる場合があります。「診断により、Apple はこのデバイスの潜在的なハードウェアおよびソフトウェアの問題を特定できるようになります。」というメッセージが表示されたら、「セッションの開始」をクリックします。


Sysdiagnose にアクセスしてソフトウェアとネットワークの問題をトラブルシューティングします。

これは、iPhone 上のソフトウェアとネットワークの問題のトラブルシューティングと実行に役立つツールです。

電源ボタンと両方の音量ボタンを 1 ~ 1.5 秒間押し続けます。 シャットダウン画面が表示されるか、緊急通報が発信される前にボタンを放す必要があります。 そのようなことが起こった場合は、ボタンを押し続ける時間が長すぎます。 もう XNUMX つボタンを押すだけでスクリーンショットを撮るようなものです。

ボタンを放すとシステム診断が開始され、iPhone でスクリーンショットが撮影され、プロセスが正常に開始されたことを示す短い振動が感じられます。

また、システムの試用版を使用している場合は、「診断中: 次の手順を実行してください。」というメッセージが表示される場合があります。 次に、「フィードバックを送信」と「無視」のオプションが表示されます。

試用版を実行していない場合、システム診断プロセスは追加のメッセージやオプションを表示せずに続行されます。

iPhoneの音量ボタンを使ってできるこれらの機能をご存知ですか? コメントで教えてください。

動名詞:

ios.ガジェットハック

関連記事