写真ファンの場合、特に家族写真など、写真の中の特定の場所や人物に焦点を当てたい場合、長時間写真を撮ると非常に煩わしいことがあります。後で結果が満足のいくものではなく、はっきりさせたかった写真や場所がぼやけていることに気づきます。 心配しないでください、それは良いことです iPhone 15 Pro この問題は、撮影後でも写真内の特定の領域へのフォーカスを切り替えることができるクールな新機能で解決されます。 さらに、写真の被写界深度を調整して、元のショットよりも焦点を合わせることもできます。 これにより、最終的に希望どおりの素晴らしい写真が得られることが保証されます。


もちろん、最高のミラーレスカメラで写真を撮る場合、写真を撮った後に焦点や被写界深度を調整することはできません。 この制限は、従来のカメラでは焦点が画像を撮影する瞬間に設定され、被写界深度がレンズ内の物理的な絞りによって決定され、どちらも画像が撮影される前の固定パラメータであるために発生します。 撮影後の調整が可能なiPhone 15 Proとは異なり、これらの設定は従来のミラーレスカメラでは固定されたままです。

ミラーレスカメラは、光を光学ファインダーに反射するミラー機構を使用しないタイプのデジタルカメラです。 代わりに、従来のデジタル一眼レフカメラとは異なり、カメラの電子ビューファインダーまたは LCD スクリーンに依存して画像を構成します。

ミラーシステムがないため、ミラーレスカメラはデジタル一眼レフカメラよりもコンパクトで軽量です。 機能の面では、交換レンズや高度なマニュアルコントロールなど、多くの機能をデジタル一眼レフカメラと共有していることがよくあります。 ただし、一部のミラーレスカメラには、焦点と被写界深度が通常、写真撮影時に固定されており、後で調整できないという制限があります。 これは、iPhone 15 Proで導入された、撮影後に焦点と被写界深度を調整できる新機能とは対照的です。 上で述べたように。

iPhone 15 Proに組み込まれたこの機能は、iOSに組み込まれたぼかし技術を利用して動作し、画像にぼかしまたはぼかし効果を人工的に作成して、被写界深度の変化をシミュレートします。 写真を撮るとき、iPhone は最初に広い焦点面で写真を撮影します。 次に、システムは、焦点を合わせることが意図されていない画像の部分を選択的にぼかします。 この方法を使用すると、写真の撮影後に鮮明で焦点が合っている画像の特定の部分を選択して調整できます。

実際、これは賢くて革新的な機能です。 しかし、多くの人にとってそれは明らかではなく、ユーザー自身も簡単に発見できないかもしれません。 したがって、この機能を認識し、最大限に活用するには、次のことを行う必要があります。


iPhone 15 Proで写真を撮った後にフォーカスを変更する方法

この機能は、iPhone 15 Pro または iPhone 15 Pro Max でのみ動作します。 仕組みは次のとおりです。

カメラアプリを開き、fアイコンをタップします

カメラアプリを開き、写真モードに切り替えます。 これを行うにはポートレート モードである必要はありません。その後、f アイコンをタップします。

写真を撮って編集する

写真を撮り、写真アプリで開き、「編集」をタップします。 エディターが開き、フォーカス ポイントが現在どこにあるかが表示されます (黄色のボックスで示されます)。

このビデオを見ることができます:

この機能は、iOS ベースのぼかしテクノロジーを使用して機能し、画像を人工的にぼかしてさまざまな被写界深度の効果を再現します。 iPhone では広い焦点面で写真を撮影し、残りの部分をぼかして、どの部分に焦点を合わせるかを選択できます。

この機能についてご存知でしたか? iPhoneで試してみましたか? コメントで教えてください。

動名詞:

トムズガイド

関連記事