iOS 16 アップデートではメッセージ アプリに大きなアップデートがあり、24 の新機能があり、そのうちのいくつかは非常に必要とされていました。 一部のアップデートは、Messenger、Signal、Telegram、WhatsApp などの他のアプリとの競争を真っ向から狙っています。 新機能の中には、送信後にメッセージを編集したり、送信をキャンセルしたりする機能があります。このトピックは、ベータ版に登場して以来、人々を混乱させたり嫌がらせをするために悪意を持って使用できると主張して反応を引き起こしましたが、Apple はこれに対処しましたそれが来るように問題。 この記事では、送信後に iMessage を編集する方法を学びます。


メッセージを編集する

Apple がこれを行うとは思いもしませんでしたが、今から iMessages を送信後に編集できるようになります。これは、スペルミスやその他の間違ったコンテンツをすばやく修正するのに役立つ便利な機能です. ただし、この機能は、一部の人からの脅迫や何度もメッセージを操作および編集するなど、人々が誤用する可能性があるという批判を集めていますが、Apple はこれらの問題に対処するために機能を更新しました.

メッセージは、送信後 15 分以内にのみ編集でき、15 分以内に最大 15 回までメッセージを編集できます。 XNUMX 回の編集または XNUMX 分後に、[編集] は [クイック アクション] メニューから消えます。 編集すると、メッセージの下部に「編集済み」ラベルが表示されます。 あなたまたは受信者は、[編集者] をクリックして変更履歴を表示できます。

メッセージの編集は iMessage アプリで動作するため、SMS の会話では何も修正できず、この機能は iPadOS 16 および macOS 13 Ventura で動作します。


iPhoneまたはiPadでiMessageを編集する方法

何かを追加、削除、または変更したい場合は、15 分間 iMessage を編集してください。また、オートコレクト エラーを修正したり、スペル ミスを修正したりできます。

iOS 16 および iPadOS 16 で送信された iMessage を確認するには、メッセージを長押ししてクイック アクション メニューを表示し、[編集] をタップします。 次に、変更を入力し、チェック マーク ボタンをクリックして、右側の次の画像のように確認します。

編集されたメッセージは、会話のすべての関係者に対して「編集済み」としてマークされます。 このようにして、送信者と受信者の両方がそれをクリックして、変更の履歴を表示できます。

ただし、iMessages の編集は iOS 16 および iPadOS 16 の新機能であるため、古いオペレーティング システムを使用している受信者には編集内容が同じように表示されません。 代わりに、変更内容を説明する変更ごとに新しいテキストを受け取ります。


macOS でメッセージを編集する

macOS 13 Ventura 以降、Mac で iMessage を編集することもできます。 目的のメッセージを右クリックするか、Control キーを押しながらクリックしてメニューを開き、[編集] をクリックしてテキストを調整します。 また、iOS や iPadOS 16 と同様に、[編集] ボタンが消えるまでに 15 分間で最大 12 つの編集を行うことができます。 受信者が macOS XNUMX Monterey 以前を使用している場合、各変更は、行われた変更の詳細を示す個別のテキストとして表示されます。


注意事項

外出先で Apple Watch を使用してテキスト メッセージを送信することに慣れている場合、残念ながら、WatchOS 9 の更新により、他の Apple デバイスで同じ方法で送信されたメッセージを編集できなくなります。

Apple Watch から送信した iMessage を編集するには、送信後 15 分以内に iPhone、iPad、または Mac から編集する必要があります。

編集機能は iMessage の会話でのみ機能し、SMS または MMS メッセージには適用できないことに注意してください。 プレーン テキスト、ドキュメント、またはメディアを送信すると、その内容を編集することはできません。

Apple はまた、iOS 16、iPadOS 16、および macOS 13 に、最近送信した iMessage を送信後 XNUMX 分以内に復元できる別の機能を導入しました。 これにより、編集回数に制限されることなく最初からやり直すことができます。


iMessage を送信して削除した後、送信を取り消す

誰かまたはグループに iMessage を送信した後、最大 15 分以内にスレッド内の全員に送信するメッセージをクリアできます (以前は XNUMX 分)。 これを行うには、クイック アクションが表示されるまでスレッド内のメッセージを長押しし、[送信を取り消す] をタップします。 メッセージが消え、「メッセージは送信されませんでした」に置き換わります。 受信者には「[あなたの名前] はメッセージを送信していません」と表示されます。
iOS 16 でメッセージを編集する機能を試しましたか? で、体験はどうだった? コメントで教えてください。

動名詞:

ios.gadgethacks

関連記事